教習での注意点

知識

教習所や合宿免許では安全運転を徹底的に教えられると思います。ですがいくら自分が気を付けていても実際の道路では予期せぬ事態が起こるうることがあります。
例えば子供の飛び出しや、悪質ドライバーの乱暴運転…
そんな「予期せぬ事態」は教習所では体験することはできません。

では事故を防止するためにはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

交通事故には実はパターンがあります。せっかく運転免許を取ったのに、事故にあわないためにもそういったパターンを把握しておくことは大切です。交差点で曲がるときに何が起こるのか、渋滞の時にはどんなことがあるか、お年寄りや子供がそばにいる時はどのようにな事故が起こるでしょうか。これらをある程度頭の中に入れておくことによってそういった事態に近づいたときに未然に事故を防ぐことができます。それにはまず、日常的に自分の運転をかえりみることです。事故にならなくともヒヤッとしたことなどに出会ったらなぜそうなったのかを振り返ってみてこれからの運転に役立てましょう。そして、教習所や合宿免許で教わった基本に立ち返り、もういちど安全への意識というものを確認することが大切でしょう。しかし、一人の経験だけでは得られるものに限界があります。なので自分から積極的に知識を得ることも重要です。事故のパターンを乗せている書籍がありますので勉強してみてください。車の運転というのは反射神経や運動神経ではありません。経験と知識がものを言います。運動神経がどんだけよくたって運転技術には何の関係もないのです。もしあなたが事故が起きそうなときに自分の身体能力なら避けられると思っていませんか。それは勘違いどころがとても危険な考え方です。車の運転で素早く行動しなければならないのは急ブレーキを踏む時だけです。あらかたの事故は何にも考えずにぼーっと運転しているときに起こるのですから。

これから免許を取る予定の方は教習所で上記の事を意識しながら運転をしていきましょう。